包茎手術の体験談を参考にする

MENU

包茎手術の体験談を参考にする

 

包茎手術の体験談を聞く機会は、なかなかないと思いますが、もし身近な人が手術を経験していたとしても、気づかれないようにしているはずですから、直に聞く機会はありません。

 

いったいどんな包茎手術を受けたのか、包茎で悩んでいる人は気になるところだと思います。
包茎手術と一言でいっても、さまざまな種類があります。

 

ここ数年で新しい術式も登場し、自分の症状や予算にあった治療法を見つけることができるようになりました。

 

以前は、余った皮を切る手術しかありませんでしたが、最近では切らない手術もありますから、傷跡が目立つこともなく、周囲にばれることもなくなりました。

 

包茎の種類とは

包茎には真性包茎、仮性包茎、カントン包茎の3つの種類があります。
中でも、包茎人口の約7割と大部分を占めているのは仮性包茎で、基本的には日常生活に問題がありませんから、手術の必要性はありません。

 

ただ、手術をするかどうかを決める大きな決め手は、見た目の問題にあります。

 

どんなにこまめに毎日皮をむいて洗っていたとしても、恥垢や雑菌が繁殖する可能性は高く、また、日常的に皮をかぶっていることで、亀頭部分が先細りになりやすくなってしまいますから、コンプレックスに思っている人も少なくありません。

 

真性包茎とカントン包茎に関しては、日常生活において支障が現れてしまいますから、できるだけ早く手術が必要な包茎といえます。

 

真性包茎は、亀頭部分をむくことができませんから、恥垢がたまりやすくなり、悪臭の原因ともなってしまいます。

 

また、カントン包茎は、真性包茎ほどではなくでも、包皮口が狭いため、中途半端に皮がむけた状態で勃起してしまうと、皮に締め付けられてしまい、激痛を伴い、性行為にも支障がでることがあります。

 

そのため、この2つの包茎は、病気として診断され、手術して治す必要がでてきます。

 

包茎手術とはどのような方法があるか

包茎の手術は、基本的には包皮を切る手術となります。
真性包茎とカントン包茎に関して言うと、両者とも包皮口が狭すぎることが原因となりますから、その包皮口を切除して、陰茎に縫合する手術となります。

 

縫合する位置は、陰茎のどの部分に包皮を縫いつけるかですが、亀頭直下から1センチくらいまでの間というのが一般的です。

 

軽度の仮性包茎の場合には、切らない手術も受けることができます。
医療用の細い糸で数カ所縫い、むける癖をつけていく手術で、傷跡も目立たず、費用もリーズナブルというところがほとんどです。

 

ただ、あくまでもかなり軽度な仮性包茎の人の為の治療となり、基本的には切る手術が一般的となります。

 

真性包茎の場合のデメリットは、包皮の中に残った尿や精液で、下着が黄色く汚れてしまうことが日常的にあります。

 

これは、皮とペニスの間に長時間残ってしまうため、残留物の嫌な臭いが日常的にしてしまいます。

 

そのほかにも、真性包茎のまま放置してしまうと、ペニスも育たなくなり、短小になってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

また、包茎が原因でさまざまな病気にかかるリスクも高くなってしまいます。
これは、陰茎が恥垢や雑菌で不潔な状態となることで起こる病気で、パートナーに感染させてしまうと、子宮頸ガンになってしまう可能性もありますし、性感染症を移してしまう可能性もありますから、自分だけではなく、パートナーにも迷惑をかけてしまいます。
 
カントン包茎のデメリットは、包皮口が狭すぎて勃起した時にペニスが締め付けられる状態ですから、勃起のたびに鬱血してしまい、痛みも伴いますから、日常生活に支障がでてしまいます。
最悪の場合、その状態を放置してしまうと、ペニスが壊死する危険性もありますから、早めの治療が重要となります。
 
仮性包茎のデメリットは、真性包茎やカントン包茎ほど深刻ではありませんが、人まで裸になるのが恥ずかしい、こまめに包皮をむいて亀頭を清潔に保つ必要がある、見た目のコンプレックスなどとなります。
 
そのため、仮性包茎の場合には、自分が気にならなければ、手術を受ける必要がありません。

 

クリニックを選ぶポイント

包茎の手術を受ける場合、クリニック選び方には、いくつかのポイントがあります。
一般的に、包茎で悩んでいる人は、病院の泌尿器科を受診すると思いますが、手術をするとなると、泌尿器科で外科手術を受けるか、包茎専門の治療クリニックで手術を受けるかなどを検討した方がよい場合があります。

 

真性包茎やカントン包茎は、健康保険の適用が認められていますから、病院の泌尿器科で手術を受けると、保険適用となり、手術費用をかなり抑えることができます。

 

一方、包茎専門のクリニックの場合は、すべて自己負担となりますから、手術費用は高額になってしまいます。

 

このように、金額だけを考えた場合には、病院の泌尿器科の方がメリットがあるといえます。
ただ、泌尿器科で保険適用の手術を受けた場合、包帯代や痛み止めの薬代や通院費などは別途かかります。

 

また、手術の仕上がりの自然さをみると、病院の泌尿器科の場合は、見た目よりも治療がメインとなりますから、傷跡が目立ったり、ケロイド状になるなど、別のコンプレックスを抱えてしまうというケースも少なくありません。

 

専門のクリニックは、技術も高い為、手術痕を可能な限り目立たなくしたい場合には、専門のクリニックでの手術をおすすめします。

関連ページ

包茎手術にかかる費用とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術にかかる費用についてまとめています
包茎手術は病院選びが大切です
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術は病院選びについてまとめています
包茎手術は何科で受けるのか
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術は何科で受けるのかについてまとめています
包茎手術のトラブルを回避するには
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術のトラブルを回避についてまとめています
包茎手術で恥ずかしい思いを看護師にさせられるのか
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術で恥ずかしい思いを看護師させられるかについてまとめています