包茎手術で恥ずかしい思いを看護師にさせられるのか

MENU

包茎手術で恥ずかしい思いを看護師にさせられるのか

 

包茎手術はメディアなどの宣伝によって、恥ずかしいものとされがちです。
特に看護師が女性の場合だと男性としてコンプレックスに感じてしまう人もいます。

 

例えば仮性包茎は、日本人の8割が抱えていると言われています。では、ヨーロッパ人は1割2割なのかというと、そうではありません。ヨーロッパ人も8割は仮性包茎に分類されます。何故ならば、それが人間の自然な姿だからです。

 

仮性包茎は恥ずかしくない

例外としてアメリカは違います。アメリカは保守的なキリスト教が政治にも関与しており、かなりの影響力を持っています。そうした影響力の中で過ごした人は、アメリカキリスト教のいうことが全て正しいと思い込んでしまいます。

 

その結果、赤ちゃんの段階で包茎手術をする割礼という儀式を行います。そのため、アメリカには仮性包茎は滅多にいないのです。

 

しかし、赤ちゃんの体力のない段階で包茎手術を行うと少なからず死亡リスクがあり、反発の声も上がっています。中にはナチュラルペニスを求めて仮性包茎にするため、包皮をつける手術をする人もいるほどです。そのため、仮性包茎は恥ずかしがることではないのです。

 

問題は真性包茎です。真性包茎の場合、皮をめくるのに痛みを伴い、排尿に影響します。また、性行為の際もエクスタシーを求めることができないというようなデメリットがあります。精子がちゃんと卵巣に入っていく確率も落ちていきます。

 

そのため、真性包茎は保険の対象となっています。真性包茎の治療には国が負担してくれるのです。

 

反対に仮性包茎は保険対象外です。そのため、10万円から30万円ほどの治療費が必要になってきます。そして、病院で手術することはできません。ただ、これにはメリットがあります。

 

病院ではないということで、専門のクリニックが治療や手術を行っているのですが、恥ずかしい思いをさせないようにカウンセリングから手術まで全て男性だけで行っています。

 

本当にそうしたコンプレックスが強い場合は真性包茎でも、クリニックで治療した方がいいでしょう。

 

問題は、普通の病院です。普通の病院で治療するとなると、泌尿器科で受診することになります。

 

病院では恥ずかしい思いをするかも

 

 

因みに医者はどの分野で働くことができるのか、選ぶことができます。人を救いたいと外科医になる人もいますし、逆に人の死に様を見たくないと、眼科や泌尿器科や内科などになる人もいます。
 
日本の制度では、全ての知識を学び、その代わりに何になってもいいという制度になっているのです。

 

ただ、命の誕生を見たいと産婦人科になったはいいものの、中絶手術によって多くの命を奪うことになったり、精神が弱い人の助けになりたいと精神科を選んだはいいものの、意思の疎通ができなかったり攻撃的な患者の相手に疲れてメンタルに異常をきたしてしまう医者もいます。

 

そうした反面、看護師はどの部署に移動するかということは選べません。採用の際に「この部署だけは絶対に嫌です」と言えばなんとかなるかもしれませんが、その分落ちる確率も高くなります。

 

そのため、女性の看護師が治療から手術まで行うことが多いです。まだ、男性が多くない分野ですので、女性は絶対に関わってきます。

 

ただ、それが恥ずかしいと思う必要はありません。
多くの場合、仕事と割り切ってやっています。
 

介護士の話になるのですが、便失禁などをしてその便を弄って辺りを便まみれにする認知症の人もいますが、「またやったな」という感じで淡々と業務を熟していっています。汚れたものを洗って、風呂場に連れて行ってシャワーを浴びてもらい、消毒をするだけです。そこに何か汚いものだという感情はありません。

 

ビジネスライクに割り切っています。

 

真性包茎の手術もクリニックがおすすめ

それに真性包茎の手術は泌尿器科としては、そこまで頻繁に行われているものではありません。そのため、実際にメスを入れて性器を押さえるなどの行為をするのは男性の医者がやります。女性はその助手をするだけですね。

 

陰で噂をされているんじゃないかなどということを考える人もいますが、それは間違っています。
真性包茎の場合、全身麻酔は使いません。つまり、下半身だけの部分が麻酔で麻痺して、上半身はそのままでいるのです。その状態で何かを言っていたらと考えるかもしれませんが、本人に聞こえるように言っているわけですので、そんな病院はまずありません。

 

そして、真性包茎の手術は大手のしっかりしたところでしかやっていないので、そうしたしっかりと教育を受けた女性に見られるわけですので、そこでコンプレックスは抱いても骨折り損のくたびれ儲けです。

 

ただ、男性にも見られるのが嫌だという人もいます。
仮性包茎ならばどんなに酷くても剥けばいいだけの話なので、趣向の問題になりますが、真性包茎の手術は医学的に見てもするべきことです。

 

 

少し我慢することから始めましょう。我慢をして、さっと手術を終わらせればいいだけです。本当に怖いなら、遠くの病院を選んで、そこで手術をしてもらいましょう。

 

関連ページ

包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術の体験談を参考についてまとめています
包茎手術にかかる費用とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術にかかる費用についてまとめています
包茎手術は病院選びが大切です
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術は病院選びについてまとめています
包茎手術は何科で受けるのか
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術は何科で受けるのかについてまとめています
包茎手術のトラブルを回避するには
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術のトラブルを回避についてまとめています