包茎手術にかかる費用とは

MENU

包茎手術にかかる費用とは

 

包茎とは、男性の性器の亀頭部分に皮がかぶっている状態で、生まれてきた時はすべての男性は亀頭に皮をかぶっていますが、成長とともに皮はむけていき、亀頭は露出していきます。

 

最初は自分で皮を根元側に寄せて亀頭を露出していきますが、成人になると常時亀頭が露出した状態になっていくのが正常です。

 

ただ、成長しきっても亀頭部分に皮がかぶっている状態を包茎といい、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎があります。

 

包茎の種類

仮性包茎は、日本人男性の7割前後が仮性包茎といわれるほど多い包茎のタイプで、亀頭にかぶる皮が長いことが一番の原因となります。

 

また、ペニスが小さいということも原因となります。
一般的に、思春期に体の成長と平行してペニスも増大していきますが、ペニスの成長や皮むき行為がうまくいかないと、仮性包茎になってしまいます。

 

仮性包茎から先に成長できない原因は、ペニスの成長が止まってしまい、皮が余ってしまうことから起こります。そのため、成人男性になりペニスの成長が止まった時点で、仮性包茎であれば、手術や治療をうけない限り、生涯仮性包茎から抜け出すことはできません。

 

真性包茎の原因は、適切な性教育を受けなかったり、友達がいない、周囲の友達とペニスについての興味をしめさないなど、閉鎖的な環境で過ごしていると、皮をむこうとすることがなく、成人になっても真性包茎のままになってしまうことがあります。

 

中には、皮をむこうとしたときの痛みがトラウマとなり、挫折してしまう人もいます。
こうした真性包茎の人は、無理をして自分自身で対処するのではなく、医療機関で適切な治療を受けることが大切です。

 

カントン包茎は、真性包茎の人が強引に皮をむいてしまったことで、戻せなくなるケースと、思春期にペニスの成長が著しく、寝ている間に勃起をして、無意識のうちに皮がむけて、カントン包茎になる場合があります。

 

カントン包茎は、包皮口が狭いため、むいたときに皮を締め付けてしまうことが原因と起こります。

 

通常なら、皮をむく行為を行うことで、徐々に包皮が伸びていき亀頭が現れてきますが、一気に強引にむいてしまった時には、包茎状態になってしまうことが少なくありません。

 

 

 

包茎の原因とは

 

 

包茎は、さまざまな要因が重なり合って生じています。
多くの場合治療は必要のない仮性包茎の場合がほとんどですが、なかなか周囲に相談することもできず、一人で悩んでいる人も多いと思います。

 

自分がどれほど深刻な状態で、手術が必要かどうかの判断がつかない場合には、包茎手術クリニックが実施している無料のカウンセリングを活用してみることをおすすめします。

 

包茎手術にはいくつかの種類があり、術式やクリニックによって費用は異なります。
包茎手術というのは、医学的には比較的簡単なものですが、仕上がりや傷跡の処理などは、クリニックや術式によって大きな違いがでてきます。
 

中には、患者側の知識不足を利用して、症状に関係なくすぐにできる手術を提案したり、法外な手術代を請求する悪質なクリニックも存在しますから、善良な運営を行っているクリニックに相談してみることが大事です。

 

 

包茎の手術について

包茎の手術は、真性包茎とカントン包茎の場合には、保険診療が適用されるケースがありますが、仮性包茎のように、自分で皮をむくことができ、日常生活に支障がないという場合には、自由診療となりますから、注意が必要です。

 

保険が適用される術式は、背面切開術と環状切開術で、環状切開術は昔から行われているもっともポピュラーな手術です。

 

余っている皮を切り落として、むいた状態で切れ端の皮を縫いつける方法で、以前は傷口が目立つというデメリットもありましたが、最近では技術も進歩し、抜糸をしない溶ける糸で縫うことで、傷口が目立たなくなるようにすることも可能です。

 

環状切開術は保険診療の手術にもなっていますから、見た目よりも日常生活に支障をきたす包茎を治すことが重視されています。そのため、手術後に根元と先端とでくっきりと色が違い、ツートンカラーになってしまう可能性があります。

 

保険適用となりますから、費用は安く抑えることができますが、見た目が重視という人には不向きといえます。

 

背面切開術は、軽度な包茎の人に用いられる術式で、陰茎背面の皮膚を縦に切開してから、横方向に縫合していくことで、皮の縦方向の距離が短くなり、皮を短くして、亀頭を露出させていきます。

 

皮膚を切る量が少ないため、回復も早いというメリットがあります。
また、保険適用外となりますが、亀頭直下埋没法は、もっとも人気のある術式で、余っている包皮の内側の粘膜状の部分を切り取り、カリ部分で切った箇所を縫合していきます。

 

環状切開術よりも見栄えがよく、ツートンカラーになることも防ぐことができます。
そのほかにも、先端付近にはメスを入れず、付け根部分に皮膚をたぐり寄せてから切除していく根部環状切開術などもあります。

 

この術式は、包皮内板を切りませんから、性感も落ちませんし、仕上がりもきれいというメリットがあります。

関連ページ

包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術の体験談を参考についてまとめています
包茎手術は病院選びが大切です
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術は病院選びについてまとめています
包茎手術は何科で受けるのか
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術は何科で受けるのかについてまとめています
包茎手術のトラブルを回避するには
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術のトラブルを回避についてまとめています
包茎手術で恥ずかしい思いを看護師にさせられるのか
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術で恥ずかしい思いを看護師させられるかについてまとめています