包茎手術にかかる時間とは

MENU

包茎手術にかかる時間とは

 

包茎は手術を行えば治る症状ですが、現在は手術のレベルも高くなり、傷跡もそれほど気にならなくなってきました。

 

今まで手術に踏み切れなかった人も、メリットとデメリットをきちんと理解して、受けてみるのも一つの方法です。

 

包茎手術を考えている人の多くは、痛みや費用などが気になるという人も多いのではないでしょうか。

 

包茎手術の痛みについて

包茎手術は、局所麻酔で行うため、手術中の痛みはほとんど感じることはありません。
麻酔が効いているかどうかも、きちんと確認してから手術は開始されますから、安心です。
 
ただ、麻酔の注射の痛みはありますから、どうしても無痛で手術を受けたい人は、麻酔を注射する前に皮膚に薬剤を塗布して、痛みを感じなくする方法もありますから、事前に医師に相談しておくとよいでしょう。

 

また、手術後の痛みに関しては、術後数時間ほど経つと、麻酔がきれて痛みがでることがありますが、痛み止めの薬も処方されますから、心配はいりません。

 

手術にかかる時間は、術式にもよりますが、30〜40分程度で終了します。
早いところでは、20分程度で終わるところもあるほど、包茎の手術は、比較的簡単な手術といえます。

 

 

包茎手術のメリット

欧米では、この30年の間に包皮切除をめぐる論争が行われています。
以前は包皮の切除を行うことで、性的能力の昂進と信じられてきましたが、現在では包皮はセックスには不可欠という認識が一般的となってきています。

 

ただ、日本では、まだまだ包茎に対するコンプレックスを持っている男性も多く、生活に支障のない仮性包茎の人も、手術を受けるという人が少なくありません。

 

包茎であることのデメリットは、見た目の問題だけではなく、包皮内にカスがたまって不衛生ということもあります。

 

そこに雑菌が繁殖したりすることで、悪臭を放ったり、パートナーに病気を移してしまうなどのリスクも生じてしまいます。

 

また、亀頭が包皮に覆われている真性包茎の場合は、亀頭の成長を妨げる可能性もあり、ペニスが短くなったり、先細りになるなどのデメリットもありますし、不妊の原因ともなってしまいますから、手術が必要となります。

 

包茎手術のメリットは、今まで包皮に覆われていた亀頭が、常に外気にふれるようになるため、カリ首の内側も洗いやすくなり、においの原因にもなるカスがたまりにくくなります。
陰毛を巻き込むこともなくなりますから、痛みもなくなります。

 

また、かぶっていた包皮がなくなることで、雑菌の繁殖も少なくなり、カスもたまりにくくなりますから、性病にかかるリスクも低くなります。

 

また、手術を受けることで、今まで感じていたコンプレックスをなくし、自信をもてるようになります。

 

今までなら、温泉などで前を隠していた人も、堂々と裸のつきあいができるようになり、精神的なストレスから解放されます。
そのほかにも、女性に対しても積極的になることができます。

 

このように、手術を受けることでさまざまなメリットがある反面、デメリットもあります。

 

 

包茎手術のデメリットとは

 

 

手術をすすめている雑誌の広告などでは、手術のメリットだけがとりあげられていますが、中には失敗やデメリット、リスクなども生じます。
 
デメリットとして、

突っ張りを感じるようになる。

感度が鈍くなる。

ツートンカラーになる。

保険が適用される範囲が狭い。

1ヶ月セックスができないなどがあります。

平常時にあわせて包皮をカットしますから、勃起したときに皮膚が突っ張ってしまい、形ばかりを求めてしまうと、実用性が失われてしまうこともあります。

 

また、包皮の内部には、快感を司る神経が集中していますが、この部分を切り取ることで、感覚が鈍くなってしまうことがあります。
 

また、陰茎の根元などを切除する方法では、内板と外板とではっきりと色の違いが現れてしまいます。徐々にこの色の違いは薄れてきますが、しばらくは手術をしたことが周囲にばれる可能性もあります。

 

 

包茎手術の費用とは

そのほかにも、仮性包茎の場合には、病気ではないため、保険が適用されず自由診療となるため、高額な手術費用がかかってしまいます。
 

また、保険が適用される真性包茎の手術は、泌尿器科でしか受けることができず、より技術の高い、傷跡の目立たない手術を受けようと思うと、美容外科で受けることになり、高額な手術費用がかかってしまいます。

 
保険を使うと1〜3万円程度で受けることができますが、自由診療の場合には、10〜30万円ほどかかりますから、よく検討しましょう。

 

また、切除を伴う手術の場合には、1ヶ月間はオナニーやセックスはできません。よくこの期間に彼女にふられるというケースもありますから、きちんと相談したうえで手術を受けた方がよいでしょう。

 

切らない手術の場合には、すぐにセックスすることができますから、一度医師を相談してみるとよいでしょう。

 

このように、包茎の手術には、メリットやデメリットがありますから、これから手術を検討している人は、納得してから受けることが大切です。

 

クリニックでは無料のカウンセリングを行っているところもありますから、一度相談してみるとよいでしょう。

関連ページ

気になる包茎手術の内容とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。気になる包茎手術の内容とはについてまとめています
包茎手術の術後に注意すること
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術の術後に注意についてまとめています
包皮を切らない包茎手術とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包皮を切らない包茎手術についてまとめています
男性に多い悩みの包茎とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。男性に多い悩みの包茎についてまとめています
包茎手術で使用する麻酔の痛み
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術で使用する麻酔の痛みについてまとめています