包皮を切らない包茎手術とは

MENU

包皮を切らない包茎手術とは

 

包茎手術の技術は日々進歩し、現在では切らない手術も登場しています。
一昔前までの包茎手術というと、手術後がくっきりと残ってしまうことが多く、手術を受けるにはかなりの勇気が必要でした。

 

その後、医療技術の進歩によって、陰茎の目立たない部分を切ったり、痛みがほとんどない手術、傷跡がほとんどわからない技術などが登場してきました。
 
中でも、最新の技術として、切らない手術があります。

 

 

切らない包茎手術とは

包茎の手術であるのにもかかわらず、陰茎の皮を切除しないこの手術は、軽度の包茎の場合に適用される手術で、すべての包茎に適用される訳ではありませんが、手術をしたことが他人にばれることもなく、術後の回復やリスクも低下するというメリットがあります。

 

一般的な包茎手術というと、余った包皮を切るというのが基本でした。ほとんどの手術では切る手術が採用されていますが、包皮を切る為、手術痕が残ってしまったり、術後1ヶ月はセックスやマスターベーションができない、激しい運動は禁止などのデメリットも生じます。

 

切らない手術は、そういった問題もなく、すぐにセックスしたいという人にもおすすめの方法です。

 
どうやって切らずに包茎を治すのかというと、亀頭を増大して、包皮かぶりのストッパーとする方法。

 

皮をむいた状態で余った皮を根元で固定する方法。
埋没しているペニスを伸ばして、包皮あまりを解消する方法があります。

 

仮性包茎は包皮の皮が余っているため、あまりが強い場合には、切除する手術が最適です。ただ、軽度な場合であれば、亀頭を大きくするだけであまった包皮が亀頭にひっかかり、亀頭にかぶらなくなります。
一般的には、ヒアルロン酸を注入して亀頭を大きくしていきます。

 

また、余った皮を根元で固定する方法は、手で包皮をむいて、医療用の糸を使用して根元で固定するという方法です。

 

この方法は、軽度の仮性包茎にしか適用できず、30歳以上の人には効果が薄いというデメリットがあります。

 

埋没しているペニスを伸ばす方法とは

埋没しているペニスを伸ばす方法とは、体内に埋没しているペニスを引っ張り出して、ペニスを長くして、包皮が余った部分を解消する方法です。

 

このように、切開しない手術にはいくつかの方法がありますが、メリットとしては、手術の痕が目立たないため、周囲にばれないというのが一番のメリットといえます。

 

 

一般的な切る手術は、見た目が不自然になることが多く、ペニスの色もツートンカラーになってしまい、手術をしたことがばれてしまうというデメリットがありますが、切ることがなければ、自然にむけているペニスと同じように、自然な見た目になるため、傷跡が目立つことはありません。

 

また、切る手術は、術後マスターベーションやセックスが1ヶ月禁止であったり、飲酒や入浴が1週間禁止などといった制限がありますが、切っていないので、これらの制限もなく、セックスも当日から可能です。

 

そのほかにも、性感帯である包皮内板を切除しませんから、セックスの感度も低下することはありませんし、手術の痛みも少なく、出血量も少ないという特徴があります。

 

ただ、手術である以上リスクやデメリットもあります。
この手術を受けることができるのは、仮性包茎の場合だけですから、真性包茎やカントン包茎の場合には、従来の切る手術が必要になります。

 

また、手術の効果が継続しない場合があり、しばらく経つと以前のように皮をかぶってしまったということもありますから、事前のカウンセリングできちんと効果がでるかどうかを確認しておくことが大事です。

 

すべてのクリニックがこの手術を提供しているとは限りませんから、事前のカウンセリングでしっかりと確認しておくことが大切です

 

 

 

包茎手術のリスクやデメリット

包茎で悩んでいる男性の多くは、手術を今すぐにでも受けたいと思っているかもしれませんが、手術にはメリットだけではなく必ずリスクやデメリットも生じてしまいますから、きちんと理解しておくことが大事です。
 
包茎の中でももっとも多い仮性包茎は、日常生活にはまったくといっていいほど支障がありませんから、多くの場合手術は必要ありません。

 

それでも手術をした方がよいというのは、衛生的になり、見た目がよくなる。亀頭が刺激に強くなる。コンプレックスから解消されるというメリットが期待できます。

 

包茎の場合、垢がたまりやすくなり、そこに雑菌が繁殖して悪臭の原因となることがありますが、衛生的になることで、性病や他の病気のリスクを回避することができ、においを減らすことができます。

 

また、手術を受けることで、ペニスを大きく見せることもでき、陰茎が縮みにくくなりますから、見た目のコンプレックスを解消することができます。

 

また、包茎によって亀頭が埋もれていると、直接下着などのふれることがありませんが、手術をうけることで、亀頭が露出して刺激に強くなっていきます。

 

亀頭が刺激に強くなることで、早漏を防止することでき、セックスの際にも、女性の性器にしっかりと刺激を与えることができるため、満足のいくセックスができるようになります。

関連ページ

気になる包茎手術の内容とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。気になる包茎手術の内容とはについてまとめています
包茎手術の術後に注意すること
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術の術後に注意についてまとめています
包茎手術にかかる時間とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術にかかる時間についてまとめています
男性に多い悩みの包茎とは
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。男性に多い悩みの包茎についてまとめています
包茎手術で使用する麻酔の痛み
包茎手術を受けたときに得られた効果は、維持させることがずっとできるかどうかは、包茎の状態に悩みを抱えている人にとって、気になる問題です。包茎治療に関する紹介をしています。包茎手術で使用する麻酔の痛みについてまとめています