包茎手術とは

MENU

包茎手術とは記事一覧

包茎手術を受けるかどうかで悩んでいる場合には、メリットだけではなく、デメリットもきちんと理解しておくことが大事です。日本における包茎の人の割合は、約6割だといわれていますが、包茎といっても、仮性包茎や真性包茎、カントン包茎などいくつかの種類があり、手術が必要なものとそうでないものに分けられます。包茎の中でももっとも多いのが仮性包茎ですが、日常生活にはほとんど支障がありませんから、基本的には手術は必...

包茎手術の術式は、非常に多様化し、包茎の症状にあった手術を選択できるようになりました。一口に包茎といっても、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎など、手術が必要なものとそうでないものがあります。包茎の種類包茎は、勃起時ではなく、通常時に亀頭が陰茎部を包んでいる包皮に覆われている状態のことをいいますが、仮性包茎は、平常時には亀頭が包皮に覆われていますが、勃起時には締め付けも痛みもなく、スムーズに亀頭を全...

包茎手術の技術は日々進歩し、現在では切らない手術も登場しています。一昔前までの包茎手術というと、手術後がくっきりと残ってしまうことが多く、手術を受けるにはかなりの勇気が必要でした。その後、医療技術の進歩によって、陰茎の目立たない部分を切ったり、痛みがほとんどない手術、傷跡がほとんどわからない技術などが登場してきました。中でも、最新の技術として、切らない手術があります。切らない包茎手術とは包茎の手術...

包茎は手術を行えば治る症状ですが、現在は手術のレベルも高くなり、傷跡もそれほど気にならなくなってきました。今まで手術に踏み切れなかった人も、メリットとデメリットをきちんと理解して、受けてみるのも一つの方法です。包茎手術を考えている人の多くは、痛みや費用などが気になるという人も多いのではないでしょうか。包茎手術の痛みについて包茎手術は、局所麻酔で行うため、手術中の痛みはほとんど感じることはありません...

包茎は、ペニスの亀頭部分に皮がかぶっている症状をいいますが、生まれてきた段階では、すべての男性が皮をかぶっています。通常は、成人になるにつれて、徐々に亀頭が露出していきますが、成長しきっても亀頭部分に皮がおおい被さっている状態が包茎となります。包茎の種類とは種類としては、仮性、真性、カントン、埋没の4つの種類があります。仮性包茎仮性は、もっとも多い種類で、日本人男性のうち、6〜7割が仮性ともいわれ...

ペニスに関するコンプレックスの中でも、包茎で悩んでいる男性はとても多く、手術を検討する人も少なくありません。ただ、包茎で悩んでいても治療に踏み出せないという人も多く、その理由の一つとして、包茎のデメリットを理解できていないことにあるかもしれません。包茎のデメリットを詳しく知らない人は、思っている以上に多く、精神的な苦痛や早漏になりやすい、女性をイカせにくい、性交痛を感じる、悪臭、不衛生、短小になり...